好評既刊書
no image
[双書21]鄧小平時代の中国   品切れ
加藤栄治著
76年の天安門事件から小平再失脚、毛沢東死去、華国鋒政権の成立、の再復活と「四つの近代化」の開始、ベトナム侵攻まで、激動の3年間を記録。四六判上製/256頁
ISBN978-4-8175-1045-7*
定価:1,944円(税込)
発売月:1979年4月発売
no image
[双書22]中国十億の人口問題   品切れ
北京経済学院人口研究室編/江川日与志・小林幹夫訳著
●中国の人口理論 人口の肥大化に苦慮する中国は人口問題をどのように考えてきたか。本書は「一人っ子政策」を推進する中国政府の人口政策を詳述。四六判上製/240頁
ISBN978-4-8175-1049-5*
定価:1,836円(税込)
発売月:1979年6月発売
no image
[双書23]ベトナムからみた中国   品切れ
古田元夫著
ベトナムにとって中国とはいかなる存在か。ジュネーブ協定から中国によるベトナム侵攻までの経過を歴史的にあとづけ、両国の根源的な関係を解明。四六判上製/256頁
ISBN978-4-8175-1054-9*
定価:1,575円(税込)
発売月:1979年10月発売
no image
[双書24]中国民主活動家の証言 新装版 
魏京生/尾崎庄太郎訳著
●魏京生裁判の記録 革命幹部の子弟に生まれながら「探索」誌を創刊し民主化を求めていた魏は、“反革命扇動罪”で投獄された。その裁判での証言。四六判並製/256頁
ISBN978-4-8175-1178-2
定価:1,836円(税込)
発売月:1989年6月発売
no image
[双書25]中国の新しい主人公たち   品切れ
ジャン・ドービエ/尾崎浩訳著
文革中、北京で生活した経験をもつ新鋭シノロジストの著者が、毛沢東死後の新たな主人公、華国鋒と小平の対立を解析し、中国政治の本質に迫る。四六判上製/256頁
ISBN978-4-8175-1063-1*
定価:1,944円(税込)
発売月:1980年5月発売
no image
[双書26]毛沢東に背いた中国   品切れ
シャルル・ベトレーム編著/山田侑平訳著
毛沢東死後における中国指導部の政策に失望して仏中友好協会会長を辞した著者が、現政権擁護論に反論して、70年代後半の政治的変化を体系的に検証。四六判上製/200頁
ISBN978-4-8175-1062-4*
定価:1,620円(税込)
発売月:1980年5月発売
no image
[双書27]中国国民経済の諸問題   品切れ
厦門大学経済系財政金融室/塚本隆敏訳著
1978年に発行された原書は、「四人組」追放以降に執筆され、国民経済を財政理論の視点から分析したもので、建国以来の諸問題を整理している。四六判並製箱入/240頁
ISBN978-4-8175-1064-8*
定価:2,484円(税込)
発売月:1980年6月発売
no image
[双書28]劉少奇の悲劇  
尾崎庄太郎編訳著
「爭鳴」「文匯報」「北京週報」などから関連記事を編集し、劉少奇の失脚から名誉回復までを「政治的冤罪事件」として捉え、なぜ投獄されたのかを追求。四六判上製/216頁
ISBN978-4-8175-1067-9*
定価:1,620円(税込)
発売月:1980年9月発売
no image
[双書29]科学技術者のみた文革前後の北京大学   品切れ
伏見和郎著
1965年~66年、北京大学に招かれた科学者が遭遇した文革はいかなるものだったか。学生や民衆はどう反応していたのか。実体験にもとづく証言。四六判上製/232頁
ISBN978-4-8175-1066-2*
定価:1,944円(税込)
発売月:1980年9月発売
no image
[双書30]中国自由への鼓動   品切れ
渡辺俊彦編著
1978年秋以降の“北京の春”で活躍した魏京生など主な民主活動家の発言を検証し、中国における民主主義とその運動の現状と系譜をたどろうとする。四六判上製/216頁
ISBN978-4-8175-1071-6*
定価:1,944円(税込)
発売月:1981年2月発売
3 / 41234