シリーズ検証・東アジア新時代
東アジアの日・米・中
シリーズ<検証・東アジア新時代>5
転変する東アジアのなかの日本
私たちはいかなる道を選ぶのか
荒井利明著
ISBN 978-4-8175-1265-9 B6判上製 304頁 定価2,376円(税込)
中国とインドが台頭する東アジアとその周辺地域で日本はどのような存在であればよいのか
新たな未来像を探る シリーズ最終巻
——FTA・TPP交渉の背景についてもくわしく解説
-目次-
はじめに 立ち読み
第Ⅰ部 一九八〇年の東アジア
1 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」
2 中国の歴史的転換
3 東アジアの状況
第Ⅱ部 二〇一〇年の東アジア
4 「チャイナ・アズ・ナンバーワン」   
5 米中関係の現状
6 東アジア共同体への動き
第Ⅲ部 二〇三〇年の東アジア
7 「インディア・アズ・ナンバーワン」
8 中国の夢
終章 私たちはいかなる道を選ぶのか
あとがき――「検証・東アジア新時代」シリーズを終えるにあたって

【著者紹介】 荒井 利明(あらい としあき)

1947年石川県生まれ。1971年東京大学教養学部卒業後、読売新聞社に入社。北京、バンコク、ロンドン各特派員、論説委員などを経て、2006年に退社。2006年〜2013年滋賀県立大学教授。著書に『東アジアの日・米・中』『現代中国入門』『「敗者」からみた中国現代史』(以上、日中出版)、『違和感の中国』『中国の希望』(以上、亜紀書房)、『中国反逆者列伝』(平凡社新書)などがある。

──検証 東アジア新時代シリーズ 好評既刊──
シリーズ<検証・東アジア新時代>4
東アジアの日・米・中
荒井利明(滋賀県立大学教授、元・読売新聞論説委員)著
ISBN 978-4-8175-1264-2 B6判上製 264頁 定価2,160円(税込)
シリーズ<検証・東アジア新時代>3
日韓・日朝関係の課題
荒井利明(滋賀県立大学教授、元・読売新聞論説委員)著
ISBN 978-4-8175-1263-5 B6判上製 268頁 定価2,160円(税込)
領土や歴史問題が再燃した日韓関係、拉致問題が解決できず硬直の日朝関係。これら隣国との関係をどう解決するかを検討。
→詳しくはこちら
シリーズ<検証・東アジア新時代>2
ASEANと日本
荒井利明(滋賀県立大学教授、元・読売新聞論説委員)著
ISBN 978-4-8175-1262-8 B6判上製 256頁 定価2,160円(税込)
国際政治の中で発言力を増す東南アジア諸国連合について、その現状から日・中・韓とのかかわりまで最新情報を紹介。
シリーズ<検証・東アジア新時代>1
変貌する中国外交
荒井利明(滋賀県立大学教授、元・読売新聞論説委員)著
ISBN 978-4-8175-1261-1 B6判上製 256頁 定価1,944円(税込)
東アジアで影響力を増す「新しい大国」の世界戦略を解きほぐし、新時代を迎えようとする日中関係のゆくえを探る。