2005年7月15日発売
中国人は本当に反日か? なぜ日本に来たいのか?
どうして帰国しないのか?
誰も語ろうとしなかった中国人のホンネがいま明らかに!
中国人と日本人 ―ホンネの対話
林思雲(日本通の在日中国人)
+金谷譲(日本人翻訳家)著
ISBN 978-4-8175-1266-6 B6判並製 204頁 定価1,728円(税込)

日本に留学して博士号を取得後、日本企業に勤務している在日中国人と、米・中・ロシア語を縦横に操る日本人翻訳家が、中国と中国人、日本と日本人についてホンネで語り合った日中論。
今年4月の大規模な反日デモの背景を明らかにするとともに、厳しい対日感情にもかかわらず多くの中国人が日本へやってきて、そのままとどまろうとするのはなぜなのか? 政府同士の建前論ではなく、中国の一般民衆がなにを考えているのか、誰も語ろうとしなかったホンネのホンネを語り尽くす。
詳しくはこちらへ『続・中国人と日本人』はこちらへ

 ──目次から──
第一部 なぜ反日デモは起きたのか
 1 中国人と日本人の歴史観はこうも違う
 2 罪に対する認識の違い
 3 外交が苦手な中国と日本
第二部 それでも中国人は日本にやってくる
 1 日本人の疑問
 2 中国人が答える五つの理由
    第一の理由 「官」と「民」の落差
    第二の理由 複雑な人間関係
    第三の理由 誠実と信頼の危機
    第四の理由 面子が第一
    第五の理由 在外中国人は能力がある?
 3 日本人はこう理解する
 4 中国社会は「官」が絶対
 5 中国民衆のホンネ
第三部 どうやって中国とつきあうか
 1 反日・反中を越えよう
 2 互いの民族心理を知る
 3 強硬に、そして柔軟に

2006.1.8.朝日新聞 書評欄 「いろいろな中国の人と出会いたい」

詳細は asahi.com BOOK へ 
http://book.asahi.com/hondana/TKY200601110210.html