〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-8
TEL 03(3292)8721 FAX 03-3292-8720 info@nicchu-shuppan.jp
 
いまだに悲劇は増え続けている! 待望の増補版・通算第8刷発売

「エホバの証人」の悲劇[増補改訂版]

林 俊宏(ジャーナリスト)著
ISBN 978-4-8175-7002-4 B6判並製・296頁 定価 2,052 円(税込)
発行・わらび書房(発売・日中出版)

ものみの塔教団の素顔に迫る

妻が信者になり、その後の人生が変わってしまった著者が、家庭崩壊の危機を背負いながらも、妻のマインドコントロールを解き、「エホバの証人」とその家族に教団の素顔を知らせたい…という悲痛な思いから[ものみの塔]の信者の生活、伝道の組織と教団の歴史など、すべてにわたって調査し、元信者たちの証言を検証することによってマインドコントロールからの帰還の可能性を探り、体験者にしかわからない悲劇の真相を綴る。1997年の初版に最新情報を増補した、信者救出を願う方、必読の書!

1997年の初版発行後、版元と私(著者)へは絶えることなく反響が寄せられました。いま現在でも、全国津々浦々に聖書研究と称する「エホバの証人」による伝道は行われ、悲劇は再生産されています。同じ悲劇を繰り返さないためにも、ぜひ多くの方々に本書を読んでいただき、真実を知っていただきたいと願っています。(著者)

目次

プロローグ
I 「エホバの証人」とは何か
  悲劇の原点、家庭の崩壊
  夫婦の寝室まで支配する戒律主義
  「エホバの証人」の日常生活
  「エホバの証人」の伝道と組織
II ものみの塔の歴史
  終末預言とキリスト教会攻撃
  組織拡大に奉仕する日本支部
III マインドコントロールからの帰還
  カルトとマインドコントロール
  元信者が語る「エホバの証人」の素顔
  主婦たちの脱会経験
  輸血拒否への問いかけ
エピローグ
その後の「エホバの証人」の悲劇
参考文献
既刊関連書籍
エホバの証人の子どもたちエホバの証人の子どもたち
秋本弘毅著
■定価 1,944円(税込)
■ISBN 978-4-89825-133-1

エホバの証人・引き裂かれた家族エホバの証人 引き裂かれた家族
林 俊宏著
■定価 1,944円(税込)
■ISBN 978-4-89825-135-5